二日酔いに効くサプリ〜予防と対策を教えます。

二日酔いって辛いですよね

二日酔い 辛い

 

頭ガンガンする。
胃が痛い。

 

楽しいはずのお酒が、こんな苦しみに。

 

二日酔いに効く対策ってなにかな。

 

肝臓を元気に


 

二日酔いの原因は、アルコール分解時に生成されるアセトアルデヒドです。

 

こいつを生成しないか、速やかに分解排出するのが、二日酔い対策になります。

 

日本人は元々、アセトアルデヒドを分解する酵素が少ないと言われています。

 

ですから、最初からアセトアルデヒドを生成しなければ良いのです。

 

肝機能を高めて二日酔いの原因を根本から排除するサプリメントを選びぬきました。

 

やはり目立つのはウコンとオルニチンですね。

 

飲み会や宴会の前にぜひ一度ご確認ください。

二日酔いに効くサプリ ランキング

 

 

オルニパワーZnプラス

 



 

夜の付き合いが多い。
お酒が大好きで毎日飲む。
健康診断で数値が悪い。
そんなあなたの為にオルニチンがお勧めです。

 

「オルニパワーZnプラス」

 

 

 

秋ウコンホワイト

 



 

酵素の働きをサポートするクルクミンを飲酒前に補給してガードしましょう。
秋ウコンホワイトは、クルクミンを主成分とする秋ウコンを使用しています。
まさに二日酔いに効く事を実感出来ます。

 

二日酔いが怖くない!新素材の白い秋ウコン!

 

 

 

レバーザイム

 



 

ウコンエキス、しじみエキス、牡蠣エキスをはじめ、飲み会で頼れる8つの成分を贅沢に配合した。
まずは980円お試しモニターから始めて下さい。

 

「レバーザイム」980円モニター募集中

二日酔い対策にまつわる話

 

二日酔いに効く対策で下記内容を満たしていないものは都市伝説です。

 

(1)アルコールの解体で多量に使用された水とエネルギーを補充する
(2)肝臓の代謝活動をアップさせる成分を摂り込む
(3)尿や汗、呼吸などを利用してアルコールを身体の外に排出する

 

いずれかの機構に沿っていないものは、原則的にはNGです。
その角度から、まずは予防法について。

 

●ミルクを飲んだら胃に膜が作成できて酔わない → 一部OK
「正しく言えば全く裏付けがありません。しかしながら、ミルクの栄養分であるタンパク質には肝機能を向上させ、アルコール分解を活発化させる作用がある。前もって飲んでおくことは効く効果が期待できます」

 

●締めのラーメンは防護になる → NG
アルコールが原因で失われた塩分の補充のためと考えている人もいるわけですが、医学的には正しくないと言えます。塩分や水分を補充したければ、スポーツドリンクや蜆の味噌汁の方がよほど効果が期待できます」

 

●“締めはカレー” → OK
これについては医学的根拠あり。 「カレーに含まれてるターメリックはウコンです。ウコンに含まれるクルクミンという原料品は、肝機能を上昇させてくれます」
ただしカロリーがかなり高いので、ほかの面で問題がありますね。

 

●意外なことにオススメは「おしるこ」。 → OK
「小豆に含まれてるカリウムやサポニンという成分は、利尿活動を後押しして余分な水分や有害物質を身体の外に排出する効き目を見せてくれます。さらにサポニンには肝機能を質の高いものにする効く効果も。砂糖は、アルコール代謝で疲労した肝臓に、エネルギーである糖分を補充してくれます」

 

●頭痛予防に市販薬を服用しておく → NG
「消炎鎮痛剤の服用は予防にはならないと言えます。二日酔いが発生してからの頭痛には効果が見られるでしょう」 副作用の危険性もあるので、飲酒時の服用はやめてください。

 

 

では二日酔いになってしまったら

 

●朝起きたら熱いシャワーを浴びる → NG
「体温が上昇すれば発汗が促され、体内の水分が減少します。ただでさえアルコール代謝で水分が減少している体にはダメージ。心臓への負担もアップします。ぬる目のシャワーか、ぬるま湯で半身浴のをおすすめします」  高温のお風呂やサウナもダメです。逆に冷水を浴びるのも、心臓に突然にプレッシャーを与えるため、ダメです

 

●深呼吸をする → OK
「アルコールは尿や汗だけに限らず、呼吸によっても体外に排出されるのです。そんな意味から、深呼吸は二日酔い解消に効くことが考えられます」  呼吸でアルコールを体外に排出するのははお酒を飲んでいる最中でも効果があります。おすすめするのはカラオケです。大声で歌おうという状態なら、平常時よりも余分に呼吸を繰り返さなければならない。歌えばアルコールを排出出来ますから、二日酔いの可能性は減ります。

 

●生卵をのむ → OK
「卵黄に含まれてるL-システインという成分は、有害物質アセトアルデヒドの分解を推進します。卵白のタンパク質にも、肝機能を向上させる効果があります」    その他にも二日酔いの朝に摂取するといいのが、「ジャガイモの擦りおろし汁」。ジャガイモに含まれてるビタミンCが、アルコール分解で出現した活性酸素をとり除いてくれる上、利尿作用のあるカリウムも多量に含まれています。「マイタケの味噌汁」も、マイタケに含まれてるβグルカンが肝機能を向上します。

 

●L-システインを摂取する → OK
L-システインはアセトアルデヒドを分解して無毒化する効果が高い準必須アミノ酸です。
多く含む食品は前述の卵、豚肉に多く含まれます。
二日酔いの朝の食事としてはちょっとヘビーだという方はサプリで摂取することをおすすめします。

 

●スプライトを飲む → ?
最近、スプライトが二日酔いの原因である、アセトアルデヒドの分解に効くと発表されました。
ただし、何故効果があるかを不明のようなので、試してみて実感出来るのならどうぞ。
(コーラやファンタじゃダメなのかな。。。)

 

●漢方薬(牛黄)が効く → OK
漢方薬の牛黄が良く効くと、水商売関係の方に有名だそうです。
効果効能には特に明記されていませんが、たぶん肝臓の効果を上げるのでしょう。
ただし漢方とは言え薬ですので、使用上の注意は守ってくださいね。

 

スルフォラファンのサプリで二日酔い予防

 

中高年の皆様の健康状態を管理することをフォローアップしてくれると今日この頃話題を呼ぶスルフォラファンを見聞きしたことのあるでしょうか?

 

野菜の中でも、最高に栄養価の高いと高い評価を得ている発芽して時間が経っていないブロッコリーの新芽の成分が、贅沢に盛り込まれている、人気の高いサプリメントになっています。

 

毎日骨の折れる仕事の疲れや、真夜中までのお酒の関係性でご自身が思っている以上に、肝機能は活動的でなくなっているんです。

 

スルフォラファンには、衰弱してしまった肝機能に効く働きもあるので、二日酔い効くと高い効果が実行できるはずです。

 

現実的に、スルフォラファンを飲まれた方の口コミなどの方法でも二日酔いを解消することができたや、悪酔いが見受けられなくなったなどの効果を実感出来た方が多い状況であるようでした。

 

身体に期待できない野菜の栄養を、サプリメントで気楽な気持ちで活用する事が実行出来るから、健康状態を管理することやアンチエイジングにもパワーを発揮してくれるのではないでしょうか?

 

サプリメントは健康食品であり、お薬とは異なりますので副作用の心配もなく、心配することなくお試しして頂けると思います。

 

原料品や成分について気になる方は、公式サイトにアクセスして下さるようお願い申し上げます。

 

二日酔い効くスルフォラファンで、気持ち悪い二日酔いの予防対策を試してみてされてみてはいかがかと思います。

二日酔いにはしじみ(オルニチン)が効果あり

 

今、二日酔いの防止策として注目を浴びているのがオルニチンです。

 

オルニチンはしじみに多く含まれています。

 

昔から二日酔いの朝はしじみの味噌汁が一番と言われていましたね。

 

そう。昔のの人は知っていたのです。

 

最近ではサプリメントとして販売されていますので、お手軽に摂取する事が出来ますよ。

 

二日酔いにはしじみが効果があるとよく聞かれるのですが、何故そのように言われるのでしょうか。

 

結論から言いますと、しじみには毒素を分解する作用があるからですが、その前に体の中に取り入れたアルコールはどうなるか説明します。

 

摂取したアルコールの90%は肝臓で代謝される訳ですが、そのアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。
アセドアルデヒドはアルデヒド脱水酵素によって酢酸に変わり、体内を巡りながらに二酸化炭素と水に分解されて尿や汗として体外に排出されます。

 

しかし、アルコールを摂取しすぎると許容範囲を超えてしまいアセドアルデヒドが分解されずに体内に残ってしまい、それがめまい、頭痛、吐き気といった二日酔いの症状になってしまいます。
これが二日酔いのメカニズムであり、アセドアルデヒドが分解されないことが最大の原因です。

 

ではどのように二日酔いに効果があるかと言いますと、しじみに含まれるオルニチンは肝臓のオルニチンサイクルを活性化してくれて、アンモニアの分かを促進させて解毒作用を効率よくなります。

 

これを見ても分かるようにアルコールではなくアンモニアを分解させる働きになります。
アンモニアが身体に溜まることによって倦怠感などを引き起こすわけですが、しじみを摂取することによって倦怠感を薄くすることができます。
このようにアルコールを分解していないので二日酔いの症状である吐き気や頭痛やめまいといった症状を直接軽減はしませんが、だるさや倦怠感を軽減してくれますので結果的に二日酔いの症状を軽くするサポートをしてくれている訳です。
それにアンモニアを分解を促進してくれていますから肝臓への負担も軽減して、肝臓も働きやすくなり、アルコールの分解がしやすくなるのです。

 

しじみを摂取することは直接的な効果ではないのですが、しじみにはタウリンやビタミンB群といった成分も含んでいて、身体にも二日酔いにも良いものなのです。

肝油(スクワレン)効果って?

 

子供の頃食べた肝油ドロップ。
覚えてますか?

 

当時はまだ栄養事情が良くなかったので、
ビタミンAビタミンDの補給目的で配布されていました。

 

タラの肝臓から作っていたようです。

 

独特な味と甘さで、つい食べ過ぎたり。。。

 

 

現在では食糧事情が良くなったので、肝油ドロップは必要としません。

 

ですが、タラの肝臓と違い、今話題の深海鮫には、

 

スクワレンAKG(アルコキシグリセロール)が豊富に含まれていることが判明しました。

 

スクワレンには

 

酸素運搬に効く
潰瘍治癒に効く
肝機能の改善に効く

 

 

AKG(アルコキシグリセロール)には

 

免疫力増進に効く
抗炎症作用に効く
マクロファージの機能促進に効く

 

があり、

 

お酒を良く飲まれる方
お肌を美しく保ちたい方
風邪を引き易い方
健康を維持したい方

 

に効果的です。

 

このように肝油効果は、昔も今も必要とされているのです。

 

 

健康な食生活を実現する為には、バランスの良い食事が基本となります。
健康食品は、食生活における補助的なものです。
健康食品は健全な食生活を心掛けた上で栄養成分等を補給する事が必要な場合の補助と考えましょう。
参考:「健康食品」のホームページ